レトロな港町の雰囲気が残る神戸・海岸通の雑貨店 c-h-o-c(チョック)店主ブログです。 お店のこと、日々のこと、お気に入りをご紹介。 ロンドンお散歩案内や買付日記も。


by c-h-o-c

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

About c-h-o-c

〒650-0024
神戸市中央区海岸通4-3-17 清和ビル19
tel. 078-779-4619
open : 13:00 - 20:00
close : Tuesday
http://www.c-h-o-c.com

検索

カテゴリ

全体
UK 2017 買付旅
LONDON(markets)
LONDON(shops)
LONDON(museums)
LONDON(books)
LONDON(others)
LONDON(cafe&foods)
UK 2011 買付旅
DIARY
KOBE
TRAVELS(UK)
MUSIC(kids vocal)
TRAVELS(OTHERS)
EVENTS
Love London 2012 Quiz!
MEDIA
TRAVEL TIPS
UK 2012 買付旅
UK 2013 買付旅
未分類

最新の記事

LONDON MARKET ..
at 2017-08-02 19:38
また来年、この場所で(イギリ..
at 2017-07-12 22:00
任務完了!嬉しいミュージアム..
at 2017-07-11 22:00
包んで包んでまた包んで・・・..
at 2017-07-10 22:00
カントリーサイドで深呼吸 (..
at 2017-07-09 22:43

画像一覧

2017年 07月 11日 ( 1 )

任務完了!嬉しいミュージアム・デイ(イギリス買付旅2017・16日目)

16日目。荷物発送日。朝から大きな荷物を5階の部屋から1階のレセプションまで下ろす作業。
幸いリフトはありますが、廊下を通って運ぶのに、先日Argosで手に入れたミニカートが大活躍です。

荷物を一個だけ下ろしたところで、ちょっと心配を抱えつつレセプションへ。
荷物の発送を宿からする場合、
1.レセプションにて預かってくれ、ドライバーに荷物の引き渡しまでしてくれる。
2.レセプションにての預かりは不可、荷物と一緒に自分も待機をしてドライバーを待つ。
というどちらかになることが多いのですが、今回荷物が大きいので、1は望み薄、もしかしたら1階にての待機を断られるかも・・・と心配していました。もし、1階での待機を断られたら、ドライバーが来てから5階から1階まで急いで下ろすなんて不可能、TVルームからげージルームでの待機をお願いするか・・・と断られた場合のシュミレーションもしていました。

レセプションに行き、宿からの発送荷物があることを伝えると、まだマネージャーが来ていないから、来るまであと5分くらい待って聞いてみて、と言われ、ドキドキしながら待つこと5分。
やって来たマネージャーに恐る恐る聞いてみると、「いいよ。(宿からの発送物を預かるのは)やったことあるから。ここで預かるよ」との言葉。ホッとしつつ、「でも大きい荷物なんだけれど、大丈夫?」と聞くと、レセプション下のスペースに置いておけば大丈夫、とのこと。
そして「君はどこから来たの?」と言うので日本からであることを伝えると、「日本か!僕日本人の友達がいるんだよ。カズキって言ってね・・・」と急に親近感が湧いた様子。
それから、重い荷物をレセプション下に積む作業も手伝ってくれ、さらに書類も「ここで預かっておいて、ドライバーが来たら渡してあげるから、大丈夫」とのこと。おかげで、午前9時〜午後5時半まで、いつ来るかわからないドライバーを待つ(ピックアップの時間指定はできないので)一日となるところが、朝からフリーに動けることに。ありがとう親切なレセプション!ありがとうカズキくん!!

さて、予想外のフリータイムを手に入れ、真っ先に浮かんだのが、帰る前に何としても行きたい!と思っていたこちら。
e0338157_06132584.jpg
デザインミュージアム!昨年移転したばかり。移転後の来館は初となります。
移転後は常設展示や一部期間展示が無料になっていたのも、嬉しい変更。
e0338157_06142078.jpg

e0338157_06144393.jpg
広々としたエントランス。2階に常設の "Designer Maker User" の展示室があり、このカラフルな壁がDesigner/Maker/ User とパタパタ順に変わっていくようになっていました。

e0338157_06154022.jpg

e0338157_06161410.jpg

e0338157_06164330.jpg
常設展示は、Designer/Maker/Userのそれぞれの目線から、デザインというものを考えさせるような内容で、なかなか面白かったです。

そして、こんなタイムリーな展示も。
e0338157_06171310.jpg
EUを離脱したことが決まった=新たなパスポートが必要になる、ということで(オフィシャルではなく)募集された英国パスポートのデザインコンペティションの入賞作品たち。こちらはイギリスでよく話題になるお天気をテーマにしたデザイン。シンプルな色の組み合わせで、各ページ違う天気を表しています。ユニークな視点の楽しい作品たちが並んでいました。

期間展示も一部無料展示。
e0338157_06175791.jpg
”Cartier in Motion” というカルティエについての展示が行われていました。
e0338157_06181282.jpg
腕時計って、飛行機を操縦しながらも見られるように開発された物だったんですね(それまでのポケットウォッチは操縦しながら見るのは危険)、なるほどー。
e0338157_06184361.jpg
まるで針が浮いているように見えるミステリーウォッチ。開発には実際にマジシャンも関わっていたとか。

なかなかじっくり見る機会などない、カルティエの世界を、色々なエピソードも交えて観賞することができて、とても興味深かったです。

さすが!のお洒落なミュージアムショップも探索し、デザインミュージアムをゆっくり満喫。

その後、軽くお昼を食べ、本屋巡りなどをしながら、街をぶらり。
e0338157_06201259.jpg
老舗道具屋さんのショーウィンドウ。

まだ時間があるので・・・
e0338157_06260799.jpg

e0338157_06262377.jpg
V&A(ヴィクトリア&アルバートミュージアム)へ。

e0338157_06221897.jpg

e0338157_06223743.jpg

e0338157_06230155.jpg
こちらは近代デザインのコーナー。
e0338157_06282424.jpg
その他ジュエリーのコーナーなどもうっとり眺め、閉館時間が迫ってきたのでミュージアムショップを最後に探索。
e0338157_06284441.jpg
ミュージアムの中庭をのぞくと、久しぶりに雨が降り出してきた様子。
最後の行き先に選んだのは・・・。
e0338157_06325245.jpg
大好きNandos。毎年やっぱり食べに行ってしまいます。香ばしく焼いたチキンに、PeriPeriソースと言う辛いソースをかけていっただきまーす!
付け合わせのサイドディッシュもいつも通り、コールスローとガーリックトーストをチョイス。絶対日本にあったら通うのになぁ・・・。あー今年も満足、満腹。


16日目の収穫物から。
e0338157_06342503.jpg
本屋巡りの際に見つけた可愛いエコバッグ。イギリス大型書店・Waterstonesの物。



〒650-0024神戸市中央区海岸通4-3-17
清和ビル19
tel. 078-779-4619
open : 13:00 - 20:00
close : Tuesday
[PR]
by c-h-o-c | 2017-07-11 22:00 | UK 2017 買付旅 | Comments(0)