レトロな港町の雰囲気が残る神戸・海岸通の雑貨店 c-h-o-c(チョック)店主ブログです。 お店のこと、日々のこと、お気に入りをご紹介。 ロンドンお散歩案内や買付日記も。


by c-h-o-c

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

About c-h-o-c

〒650-0024
神戸市中央区海岸通4-3-17 清和ビル19
tel. 078-779-4619
open : 13:00 - 20:00
close : Tuesday
http://www.c-h-o-c.com

検索

カテゴリ

全体
UK 2017 買付旅
LONDON(markets)
LONDON(shops)
LONDON(museums)
LONDON(books)
LONDON(others)
LONDON(cafe&foods)
UK 2011 買付旅
DIARY
KOBE
TRAVELS(UK)
MUSIC(kids vocal)
TRAVELS(OTHERS)
EVENTS
Love London 2012 Quiz!
MEDIA
TRAVEL TIPS
UK 2012 買付旅
UK 2013 買付旅
未分類

最新の記事

LONDON MARKET ..
at 2017-08-02 19:38
また来年、この場所で(イギリ..
at 2017-07-12 22:00
任務完了!嬉しいミュージアム..
at 2017-07-11 22:00
包んで包んでまた包んで・・・..
at 2017-07-10 22:00
カントリーサイドで深呼吸 (..
at 2017-07-09 22:43

画像一覧

カテゴリ:UK 2011 買付旅( 22 )

さようならロンドン2011

なんとかスーツケースを20KGにおさめて、帰国準備は完了。
フライト時間まで、ホステルからあまり離れない距離でお散歩することに。

まずはV&Aミュージアム。

e0338157_15253535.jpg


ホリディ期間中の為、子ども達の姿もたくさん。
今日は、陶器の展示室を中心に。

e0338157_15253538.jpg


このミシュランビルの中にあるコンランショップへ。
東京にも支店があるロンドン発のインテリアショップです。

e0338157_15253555.jpg


春っぽい桜を使ったディスプレイ。

ホステルに戻って荷物を引き取り、いざ空港へ。
ゆっくりロンドンとの別れを惜しむこともなく、あっという間にフライトの時間。

飛行機から見たロンドンの夜景。
雲の切れ間から、きらきら輝く宝石のような町がのぞく。
こんどはいつこれるんだろう...ふと思う。


ありきたりだけど、ロンドンで出会った全てのヒト・全てのモノに感謝。

またいつか、ちょっと成長した私で、戻ってこれますように。

[PR]
by c-h-o-c | 2011-02-22 19:04 | UK 2011 買付旅 | Comments(0)

冬のLondon Zoo

朝、なんとか無事に荷物たちを送り出し、どこへ行こうかと思案。
まずは、まだ食べていない大好物の「アレ」を食べに(笑)。

e0338157_15253319.jpg


Nandosは、イギリスのあちこちに店があるポルトガルスタイル?のチキンレストラン。
チキンを丸ごと香ばしく焼いたものに、後ろに見えているPeri-Periソースという辛いソースをかけて食べます。
香ばしいチキン+様々な種類のPeri-Periソースがとっても美味しくて、やみつき!
選べるサイドディッシュは、ガーリックブレッドとコールスローをチョイス。
帰るまでに食べられてよかった!大満足で店を後に。

さらに、まだ行ったことがなくて、一度行ってみたかった場所へ。

e0338157_15253459.jpg


キリンとこんな接近してコンニチハできるロンドン動物園。

ロンドン動物園は、1828年に開設(一般公開は1847年)された世界で最初の動物園。
その歴史を感じられる貴重な建築物が残っているのもこの動物園の見所です。
キリンの後ろに見えているキリン舎も、なんと1836~1837年の建築物。

e0338157_15253466.jpg


この変わった形の大きな鳥小屋は、Snowdon Aviaryという1962~1965年の建築物。
中に入ると、高いところに通路があって、鳥の目線でたくさんの鳥を見ることができます。

古い物を大切に残しつつ、新しい取り組みも。

e0338157_15253450.jpg


新しくオープンしたゴリラキングダム。
残念ながら冬の寒い日だったため、外でのびやかに遊ぶ姿は見られませんでしたが、とても立派な施設。
さらに、ペンギン舎も新しく建設中とのこと。

e0338157_15253481.jpg


子ども達が楽しく遊びながら動物と触れ合えるAnimal Adventure。
アスレチックのようにトンネルを抜けていって・・・

e0338157_15253419.jpg


透明なドームから顔を出すと、プレーリードックとご対面。

呼びものになるような派手な動物はいないけれど・・・

e0338157_15253463.jpg


アルパカ、いい味。

のんびりお散歩するにはちょうどいい感じのロンドン動物園。
次回はぜひ暖かい時季に・・・。


帰りに、歩いてプリムローズヒルへ。

e0338157_15253462.jpg


プリムローズベーカリーでは、近所のマダムたちが楽しいティータイム。
私は、今夜友人宅へおよばれなので、カップケーキを買ってお土産に。

e0338157_15253494.jpg


友人の一番は、左上のココナッツ&ライム。爽やかな味でとても美味。
カップケーキを食べながら、なぜか映画『クロコダイルダンディー』を一緒に観る(笑)。
本当にあの頃のような日常の心地よさ。
でも、今日でまたお別れ。


次会うときはどんな私で、どんな彼女なんだろう。

[PR]
by c-h-o-c | 2011-02-21 18:29 | UK 2011 買付旅 | Comments(0)

Kingstonの休日

昨晩もありがたく友人宅でぐっすり。
朝は、友人の子どもと一緒にCBeebiesという英国放送協会BBCの子ども専用チャンネルを楽しむ。
これが、なかなか面白い。
雰囲気としてはNHK教育テレビに近い感じ。
おかあさんといっしょ的なキャラクターの出てくる歌ありダンスありの番組や、ノッポさんチックな工作おじさんの出てくる番組、はたまた子ども向けのコメディ番組までバラエティ豊か。
特にたった一人のコメディアンが、レポーターのお姉さん、いつもはちゃめちゃになるDIYお兄さん、現代にやってきたまぬけな海賊等々、変幻自在に様々なキャラクターになりきり、シチュエーションコメディを繰り広げる"Gigglebiz"。
このJustin Fletcherというコメディアンが、すごく芸達者!
思わず見入ってしまう(笑)。

午後は私をロンドンまで送りがてらということで、ロンドン南部のKingstonへ出かけることに。

e0338157_15253254.jpg


テムズ川沿いの美しい町Kingston。
今日は日曜日ということで、カヌーを楽しむ人々も。

e0338157_15253368.jpg


たくさんの白鳥+鴨が餌に突進中。

e0338157_15253348.jpg


川岸には、こんな私有のボートが並んでいます。
ボートで優雅にお茶を飲む人々の姿も。

e0338157_15253383.jpg


町の中心地は、ショッピングエリア。
のんびりショッピングを楽しむ人々でにぎやかな休日。


夕飯の後、最寄りの駅まで送ってもらい、友人と別れの時。
「また」といいながら、涙を浮かべる友人。
その姿に私もたまらず...。

でも、またきっと会える。その時を楽しみに。

[PR]
by c-h-o-c | 2011-02-20 19:39 | UK 2011 買付旅 | Comments(0)

コッツウォルズの魅力

昨晩は友人宅でぐっすり。
ロンドンのホステルは、古い建物のため、セントラルヒーティングがついていても、部屋が全然暖まらず、毎日着こんで寝る始末だったけれど、友人宅は暖かくて快適そのもの。ありがたい。

ちょっとのんびりスタートで、昼前に友人宅を出発。だんだんとカントリーサイドの風景に変わっていく中、一時間程でコッツウォルズへ。

e0338157_15253288.jpg


あいにくの天気ですが、ロンドンとは全く違う広大な風景が広がっています。

コッツウォルズには、たくさんの小さな村が点在している中、今日の目的地は私がまだ行ったことのない、Bourton-on-the-waterという村。

e0338157_15253236.jpg


黄色いはちみつ色の煉瓦はこの地方独特のもの。
小さな川沿いに家々が並んでいます。

この村には小さなミュージアムがたくさんあると聞き、車大好きの友人の子どもと一緒に向かったのはMotering Museumという自動車の博物館。

古い自動車はもちろんのこと、小物として使われている物たちが、その時代の本物のヴィンテージ品。
特にキャラバンの中は、楽しい雑貨がいっぱい!

e0338157_15253281.jpg


1923年のキャラバン内部。温かみのある落ち着いたインテリア。

e0338157_15253282.jpg


真っ赤なOXOのバン。形もかわいい。

他にも、たくさんのミニカーや、昔の三輪車など、思ったより興味深い充実した展示内容で、なかなか楽しめた。

お腹が減ってきたので、そういえば今回まだ食べていなかったフィッシュアンドチップスを食べにティールーム/レストランへ。
お料理が来るまでの間、友人息子くんは、なんだかご機嫌斜め。
時計を見て皆でびっくり!博物館で約3時間費やしていたことに気付く。
どうりで。お腹減りすぎて不機嫌になってしまった模様。ごめんね...。
フィッシュアンドチップスは、ビネガーを多めにかけて。おいしかった!

腹ごなしにお散歩。
友人息子くん、お腹もいっぱいでパワー全開!寒くて川に入らず川岸で休憩中の鴨たちを片っ端から追いかけて、仕方なく川に飛び込んでいく鴨たちの様子を見て大喜び(笑)。

e0338157_15253292.jpg


天気が良ければ、このはちみつ色の煉瓦が輝いてより美しいのですが...。
でもやはりコッツウォルズ。独特の雰囲気、独特の魅力があります。


また色んな村を訪ねて、ゆっくりお散歩したいな。
また訪れたい場所No.1のコッツウォルズです。

[PR]
by c-h-o-c | 2011-02-19 19:43 | UK 2011 買付旅 | Comments(0)

受け取りと梱包と旅立ちと

昨日は結局夜を徹しての作業。
ちょっとだけ寝て、先日絵付けした陶器の受け取りに。

今日のPottery Cafeはとても忙しそう。
聞くと、今子どもたちはホリディ期間に入りだしているため、いつもよりお客さんがいっぱいなんだとか。

サンプル用に作ったマグの色の出方が予想より薄くてちょっと残念だったけれど、おみやげ用の絵皿はきれいに色も出て無事できあがり。
裏には"2011 London"と。
"2008 London"のマグに加えてまた思い出の品ができた。
忙しい中時間を作ってくれた友人に感謝し、またの再会を約束して別れる。

隣町のPutney Bridgeまで歩いても行けると聞き、まだ足りない梱包材を買い足しに歩く。

この辺りチェルシー地区はいわゆる高級住宅地。
セレブでおしゃれな感じのお店が並ぶ中、子どもの物を扱う店も多い。
イギリスではどの町にも必ず一軒はあるチャリティーショップも、子ども用品専門店に。

e0338157_15253278.jpg


子ども服や絵本、おもちゃなどが盛りだくさん。
さすが、ディスプレイもおしゃれ。

意外に近く、梱包材屋さんへ到着。
最後の買い出しになることを祈りつつ、抱えて帰ってまた梱包。

さらに、発送用の書類を作りに近所のネットカフェへ。
あろうことかプリンタの調子が悪く、四苦八苦...。
友人宅へ予定より遅くなる旨を電話...あぁごめんなさい。
なんとか終わらせ、電車に乗り込み、ロンドンから1時間ちょっとでようやく友人宅へ到着。

久々の再会を喜びつつ、料理上手な友人の手料理を堪能。
本当においしい。幸せ。

バタバタの一日でどっと疲れてしまったけれど、明日は楽しみなコッツウォルズ。
雨だけは降りませんように。

[PR]
by c-h-o-c | 2011-02-18 19:34 | UK 2011 買付旅 | Comments(0)

最後の買い付けと雑貨屋めぐり

今日は最後の買い付けにSpital Fieldsへ。

e0338157_15253131.jpg


予算や今まで買い付けた物を考えつつ、木のおもちゃやツイードのバッグやボタンやその他こまごま購入。
まだまだ買い足りないような気もするけれど...
次回へのお楽しみに。

マーケットを後に、付近の雑貨屋めぐりへ。

途中、一方向に向いて何かを描いている集団に遭遇。

e0338157_15253110.jpg


どうも、美術学校の学生さんのよう。

おしゃれな食料品店その1。

e0338157_15253163.jpg


おしゃれな食料品店その2。

e0338157_15253147.jpg


本で見て気になっていた雑貨屋さんへ。

e0338157_15253114.jpg


オーナーさん独特のセンスで選ばれた、ひとひねりあるおもしろい雑貨たち。
「なんだろうこれ?」と謎解きのように一つ一つ見るのが楽しい。

さらに歩いて、お引越ししたというあのお店へ。

e0338157_15253286.jpg


ちょっと広くなった店内。
グリーンのタイルの外装もとても素敵。
ここにくるとどうして、ごく普通のブラシや鍋やバケツたちが、こんなにかわいく見えるのでしょう。不思議。


今日で買付は終了。
明日は発送準備を完了させて、月曜日の引き取りを待つだけの状態にして、夕方旅立つ予定。
予定通りに行くかどうか...今日の夜が山です。

[PR]
by c-h-o-c | 2011-02-17 19:14 | UK 2011 買付旅 | Comments(0)

世界一大好きなチョコレート

今日は2週間前に一度訪れたカムデンパッセージのおさらい。

e0338157_15253198.jpg


にぎわうマーケット。
おもちゃや、ブローチ、本、缶等をいろいろなところで少しずつ買付ける。

大好きなショップで、JAJ PYREXを探していることを伝えると、手に入ったばかりという品を2点だけ出してくれる。
聞くと、やはり最近はなかなか見かけなくなっているとか。うーん。

e0338157_15253197.jpg


古着のストール。
ブラウン地にイカリマークの模様、そしてセーラーカラーと、かわいすぎるワンピースを見付けるも、サイズが大きすぎて断念。

そして、前回は目をつぶって通りすぎたけれど、今日は入ろうと決めていた、私が世界一!と(勝手に)思っているチョコレート屋さんへ。

e0338157_15253182.jpg


味はもちろん、店の雰囲気も大好き。
いろいろな賞も受賞している、正統派のチョコレート屋さんです。

迷いに迷いながら、2つのチョコレートバーをおみやげに。
そして、ホットチョコレートをオーダー。
これが、最高においしい!
好みによってスパイスを加えてくれるので、シナモンとジンジャーをチョイス。
これぞ、本物の(ココアでは決してない)ホットチョコレート!と思える逸品です。

世界で一番の幸せを味わいながら、例のガラクタ屋さんへ向かう。
でも、オープン時間を過ぎてもまったく開く気配なし。

仕方がないので、隣の古レコード屋さんへ。

e0338157_15253104.jpg


レコード盤型の看板がかわいい。

さらに、まだ開かないので、雑誌か何かで見て気になっていたポーランド食器専門店へ。

e0338157_15253157.jpg


水玉のような素朴な柄、ぽってりとしたかわいらしいシェイプ。
どれも独特で素敵。

再度ジャンク屋に行ってみるも、まだ開く気配なし。
あきらめるしかない。
残りの予算を明日のSpital Fieldsに回すことに決めて、足りない梱包用品の買い出しに。

帰り、昔よく食べた懐かしの味をもとめて、GREGGSへ。

e0338157_15253130.jpg


ここのソーセージロールが安くておいしくて...よく食べたなぁ。


さぁ、明日は最後の買い付け、Spital Fieldsと、梱包作業の大詰め。
週末の友人宅への旅行へ無事出発できるかどうか...頑張らなくては。

[PR]
by c-h-o-c | 2011-02-16 00:55 | UK 2011 買付旅 | Comments(0)

特等席からのロンドン

雨の中降り立ったのはピカデリーサーカス。

e0338157_15253085.jpg


昨日がバレンタインだったからでしょうか。
なぜかエロス像の矢の下にハート...。

向かったのは、St James's Churchで毎週火曜日に行われているアンティークマーケット。

e0338157_15253090.jpg


規模が小さく、セントラルのど真ん中ということもあって、お土産物屋と骨董屋が混在している感じのこのマーケット。
あまり期待せずに行ったのですが、やはり収穫なし。

ピカデリーの大きな本屋"Waterstone's"をぶらぶらした後、小腹がすいたので、ちょっと気になっていた店へ。

e0338157_15253024.jpg


この店、生粋の日本食屋、というわけではなさそうだけど、麺類とかライスボウルとか、寿司サンドイッチ?とか書いてあって、ちょっと気になっていたのです。
オーダーしたのは、タイカリーライスボウル。
どんぶりというよりは、おじやに近い位のつゆだく具合だったけど、意外にちゃんとおいしかった(笑)。

お腹もふくれたところで、どうしようかと考えていて、ふと「14番に乗ってV&Aに行こう!」と思い立つ。

e0338157_15253033.jpg


14番という路線は、昔セントラルからの帰り道でよく使ったバス。
特等席の2階最前列を確保。

e0338157_15253064.jpg


こんな感じの眺めです。

ちょっと高い位置から眺めるロンドンの町。

e0338157_15253093.jpg


グリーンパーク。この先にハイドパークも見えてきます。

e0338157_15253099.jpg


ナイツブリッジではおなじみのデパートが、並んでお出迎え。
奥に見えているのがハロッズ。

e0338157_15253002.jpg


V&A Museumに到着。
見どころ満載、ちゃんと見ようとすると1日かけても見きれないボリュームのミュージアムだけど、今日はミュージアムショップ中心に(笑)。

ここのミュージアムショップは、なかなかおもしろい。
前企画展が開かれているのをネットで見てからずっと気になっていた、V&Aミュージアムが復刻したという昔のリバティ柄の布を購入。

さらに歩いてナイツブリッジへ戻り、おみやげの下見。
ハーベイニコルスのフードコーナーや、ハロッズアーケードを見る。
うーん、何が良いのでしょう、ロンドン土産。迷う。

e0338157_15253080.jpg


帰りに撮ったハロッズのライトアップ。
綺麗。

[PR]
by c-h-o-c | 2011-02-15 19:48 | UK 2011 買付旅 | Comments(0)

コベントガーデンと古書通り

月曜の朝はJubilee Market。

e0338157_15252947.jpg


先週どうしようか迷って、また来週あったら買おうと思っていたバスケットを発見。
今度は購入。

あとは、ブローチやチャーム等のアクセサリー類を少しずつ。

その後、少しコベントガーデンをぶらぶらと。

e0338157_15252914.jpg


コベントガーデンは、全天候型のショッピングモール。

e0338157_15252975.jpg


たくさんの観光客で賑わっています。
大道芸人や歌手などのエンターテイメントにも出会える楽しい場所。

e0338157_15252900.jpg


レトロなおもちゃを扱うおもちゃ屋さん。
マッチ箱からロンドンの町が飛び出すおもちゃを自分用に(笑)購入。

e0338157_15252966.jpg


今日は、バレンタイン。ということでまたまた自分用にカップケーキ。
あっまーいけれど、独特のバタークリームのこの感じ、やみつきかも。

その後、ミュージアムの中には入ったことはないけれど、大好きなLondon Transport Museumのミュージアムショップへ。

e0338157_15252910.jpg


昔のポスター等をモチーフにした、グッドデザインのおみやげが見つかります。

さらに歩いて、セシルコートという古本屋が並ぶ通りに行ってみることに。

e0338157_15252979.jpg


音楽関係、車関係、地図関係...等々、特色を出した古本屋が並んでいます。

その中でも私が行ってみたかったのが、児童書専門店。

e0338157_15252903.jpg


手に取るのも緊張するような、本当に貴重な本ばかりが並んでいます。
さすがに手が出るような価格の物は少ないですが...
それでも貴重なものを見ることができて、とても満足。

別の本屋で装丁が素敵なペーパーバックを何冊か購入後、またあの本屋を振り返る...。
いつか、特別な一冊をあの本屋で買うことができれば...いいなぁ。

[PR]
by c-h-o-c | 2011-02-14 19:15 | UK 2011 買付旅 | Comments(0)

ボートでGreenwichへ

今日も悪天候のロンドン。
Greenwichのマーケットに行くことを決め、せっかくなのでテムズ河をボートで下っていくルートを選択。
人もまばらなボート乗り場。でもなんとかボートは動くよう。

e0338157_15252896.jpg


ビックベンのあるWestminsterから、いざスタート。
おせじにも、ボート日和とは言い難いけれど、途中ボートの上からいろいろなロンドンのランドマークが見れるこのボート。
私のお気に入りです。

e0338157_15252826.jpg


タワーブリッジは、一番のフォトスポット!
乗客も皆寒いのを我慢し、上のデッキに上がって、シャッターを切る。

1時間程のクルーズを終えて、たどり着いたのは海洋都市Greenwich。
この日曜日には、町の中でアンティークマーケットが開かれているはず。

記憶を頼りにようやく一つ目のマーケットを発見。

e0338157_15252874.jpg


こちらの小さなマーケットでは、本やおもちゃを買付け。

そしてまた記憶を頼りに歩くと...あった、見付けた!

e0338157_15252867.jpg


これぞJUNK SHOP! 由緒正しいジャンクショップの店構え。
地下にまで広がる、ごっちゃごっちゃのジャングルの中、食器やブローチや、なんだか面白いものまで、いろいろと発掘。

「3年前に来た時に、もう一つ大きなストリートマーケットがあったと思うんだけど、場所はどこでしたっけ?」と店のマダムに聞いてみると、「あれは、2年前になくなったのよ...」とまさかのお言葉。

理由を聞くと、私有地で開かれていたマーケットだったため、土地の持ち主が別のところへ売ってしまったんだとか。
これも経済危機の波なんでしょうか。なんとも悲しい...。

すっかり予定がくるってしまったので、早めにロンドンに戻ることも考えたけれど、ジャンクショップで思ったよりも買付ができたし、せっかくのGreenwichなので、最終のボートの時間までは観光することに。

e0338157_15252805.jpg


OLD NAVAL COLLEGE。歴史ある建物が並びます。教会もペインテッドホールも、初めて中に入ったけれど、こんなに立派なものだなんて知らなかった!

現在はこの敷地内にUniversity of GreenwichとTrinity College of Musicという二つの大学が入っています。
学生の練習する音色が優雅に聞こえてきて、この風景ともマッチ。

その後National Maritime Museumでは、TOY BOATというおもちゃの船の企画展を見学。
ミュージアムショップも充実。

さらに丘の上へのぼり、"あの"写真を撮りに...。

e0338157_15252841.jpg


おきまりの一枚。
子午線をまたいで。

帰りのボート乗り場。
さらに天候は悪化していく。

e0338157_15252915.jpg


不安げなカモメ(笑)。

帰り道はだんだんと夜になり、灯りがともるロンドンの町を見ながら。

e0338157_15252999.jpg


ロンドンアイも、夜見ると綺麗。


地下鉄の移動は便利で早いけれど、たまにはのんびりと河から見るロンドンもいいなぁ。

[PR]
by c-h-o-c | 2011-02-13 19:29 | UK 2011 買付旅 | Comments(0)