レトロな港町の雰囲気が残る神戸・海岸通の雑貨店 c-h-o-c(チョック)店主ブログです。 お店のこと、日々のこと、お気に入りをご紹介。 ロンドンお散歩案内や買付日記も。


by c-h-o-c

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

About c-h-o-c

〒650-0024
神戸市中央区海岸通4-3-17 清和ビル19
tel. 078-779-4619
open : 13:00 - 20:00
close : Tuesday
http://www.c-h-o-c.com

検索

カテゴリ

全体
UK 2017 買付旅
LONDON(markets)
LONDON(shops)
LONDON(museums)
LONDON(books)
LONDON(others)
LONDON(cafe&foods)
UK 2011 買付旅
DIARY
KOBE
TRAVELS(UK)
MUSIC(kids vocal)
TRAVELS(OTHERS)
EVENTS
Love London 2012 Quiz!
MEDIA
TRAVEL TIPS
UK 2012 買付旅
UK 2013 買付旅
UK2018 買付旅
未分類

その他のジャンル

最新の記事

Bruno x c-h-o-..
at 2018-10-19 18:13
See you next y..
at 2018-09-11 16:43
クマだらけのフェア(イギリス..
at 2018-09-09 22:58
英国らしさ満喫の一日(イギリ..
at 2018-09-08 22:26
ビッグベンの珍しい姿(イギリ..
at 2018-09-07 05:53

画像一覧

Bruno x c-h-o-c exhibition「妖精たちのすむ森」

e0338157_17482658.jpg
e0338157_17420918.jpg
10月、恒例の阪急うめだ本店 英国フェア2018 「スークな英国蚤の市」へのご来場誠にありがとうございました。
たくさんのお客様にお会いすることができ、とても楽しい一週間でした!
次は、これもまた毎年恒例になっている、人形創作ユニット・ブルーノさんとのコラボ展が近づいています。

ここ2年は、ナーサリーライム(イギリスの伝承童謡)のテーマを継続していましたが、今年は新たなテーマに挑戦いたします。
今年のテーマはイギリスの妖精伝説。
実は古くから妖精伝説が多く存在するイギリス。イギリスの子供達にとって、妖精はとても身近な存在です。
そして、そんな妖精がいそうな深い森の中には、野生動物もたくさん生息しています。
イギリスならではの自然と、イマジネーションの世界を融合させ、ブルーノさんが様々な人形で不思議な世界を表現。
そして、c-h-o-cからは、イギリスの野生動物や妖精をテーマにした、楽しいヴィンテージグッズをご紹介します。

このテーマを絞り出す前は、本当にどうしようか行き詰まったりもしたのですが、いざテーマが決まり、ブルーノさんたちからの創作プランもあがってきて・・・今はどんな世界ができるか楽しみで仕方ありません!
このコラボ展に合わせて、ヴィンテージリバティプリントの可愛い柄たちも新たに入荷しましたので、それがどんな風にお人形に生かされるかも楽しみです。
もちろんc-h-o-cには、妖精や野生動物にまつわるヴィンテージグッズも、色々と集まってきていますよ。

今年は、2週末を含む開催期間となっておりますので、ぜひ皆さま遊びにいらしてくださいね。

Bruno x c-h-o-c exhibition
「妖精たちのすむ森」
2018.10.25 Thu.- 11.4 Sun.
c-h-o-c店舗にて開催

Bruno http://bruno-doll.com/

c-h-o-c
〒650-0024神戸市中央区海岸通4-3-17
清和ビル19
tel. 078-779-4619
open : 13:00 - 20:00
close : Tuesday
*10/24(水)は、コラボ展準備のため、午後5時に閉店いたします。ご了承くださいませ。

[PR]
# by c-h-o-c | 2018-10-19 18:13 | EVENTS

See you next year! (イギリス買付旅2018 12日目)

12日目。イギリス最終日。今日は2年ぶりにアンティークではない、現行品の展示会へ。
e0338157_16491092.jpeg

e0338157_16494329.jpeg

e0338157_16500067.jpeg

ステーショナリーからインテリア雑貨、子供用品、アクセサリー、ギフト向けの食品まで、幅広く展示されています。

今回、日本のプロダクトを特集したエリアも登場していて、興味深かったです。


ちょうどイベントコーナーを通りかかると、これから小売店向けのWEBショップについての講演が始まるところ。せっかくなので、30分程の講演を聞き、お勉強。国が変わっても、インターネットの世界についての認識は、さほど変わらないのだな、と思いました。


それから気になる商品をいくつか見つけたり、カタログをもらったりしていたのですが、一番印象に残ったのは、ART HOUSE というブース。


こちらは、多種多様な障害を持った方の絵画やイラストなどのアート作品を、様々なプロダクトにする活動を行なっている団体。マグカップやTシャツ、チョコレートや石けんのパッケージなど、あらゆる物が並んでいましたが、そのどれもが「欲しい!」と思うセンスの良さ。


アーティストたちの才能はもちろんですが、それを編集、サポートするスタッフも素晴らしいのだろうな、と感じました。


ART HOUSE

https://arthouseunlimited.org


展示会を後にし、ホステルに預けてあった荷物を受け取ったら、ヒースロー空港へ直行。

夜の便の予定なのに、昼過ぎに到着したのは....先日の台風でダメージを受けた関空が使えず、乗り継ぎ予定だった韓国・仁川ー関空 便が欠航となったから。


数日前から、なんとか振替便を手配しようと、日本の旅行代理店や航空会社へ連絡を試みていたのですが、旅行代理店はその後の地震の影響もあってパンク状態で繋がらず、航空会社には旅行代理店と連絡を取ってくれと言われ...という八方塞がりの状態。

一か八かで空港のカウンターで直接掛け合うことにかけ、早めにやってきたのでした。


いざ航空会社のチケットカウンターへやって来ると、まだあいていない様子...ですが、奥にお姉さんがいる!!

お姉さんに声をかけ、関空便が欠航になったため、別便に変更して欲しい、そうでなければ日本に帰れなくなる!と切実な訴え。すると、こちらの必死度が伝わったのか、始めは「5時からオープンだから」とマニュアルで返してきていたお姉さんも、「じゃあちょっと調べてみてあげる」とのこと。

結局、第一希望の中部空港着便は既に満席、キャンセルして別会社の便を取り直すことを勧められたのですが、日本国内ならどこでも構わないから!東京とかはないですか??と食い下がったところ、韓国で仁川ー金浦空港へ移動し、金浦から乗るのであれば、羽田便の空席があるとのこと。初めての仁川から金浦空港への移動に一抹の不安は残るものの、時間的には間に合いそうとのことで、思い切ってブッキング!良かった、とりあえず日本には帰れる!!お姉さんに感謝感謝でチェックインまですませ、関西までのルートを再考。

結局羽田で一泊し、翌日の便で伊丹空港へ帰ってくることに。羽田のホテルと伊丹便の予約まで済ませ、ようやくホッと一安心...。


e0338157_16543851.jpeg

いつもは、お土産は空港で手に入れることが多いのですが、今回は韓国国内での移動、さらには日本国内での移動も含まれるため、買い物は最小限に。


ウィンドウショッピングを楽しんでいるうちに、なんだかんだと窓の外は暗くなり、あっという間に出発の時刻。


今回のイギリス買付旅もいよいよ終わり。

スケジュールがタイトだったため、バタバタとあまり余裕はありませんでしたが、その分たくさんの素敵な物や人との出会いがギュッと詰まった濃密な12日間でした。


e0338157_16550354.jpeg

イギリスで出会った全てに感謝。

See you next year!




今年も拙い買付日記をご覧くださり、ありがとうございました。やはり追いかけ更新ばかりで、お見苦しいところもあったかと思いますが、楽しんでいただけていたら嬉しいです。



そして、恒例のお土産プレゼント企画!

e0338157_16482162.jpeg
こちらのチョコレート+ビスケット+メモ帳をセットにして、抽選で2名様にプレゼントいたします。(種類・柄はお任せください)


info@c-h-o-c.com 宛に、

件名: イギリス買付旅2018お土産プレゼント

本文:お名前、ご住所、お電話番号、メールアドレス

をご記入の上、ご応募ください。

締切は9/20(木)です。チョックの各SNSや店頭でも受付けますので、お気軽にご応募くださいね。


[PR]
# by c-h-o-c | 2018-09-11 16:43 | UK2018 買付旅

クマだらけのフェア(イギリス買付旅2018 11日目)

11日目。今日は朝から最後の買付に。
e0338157_22595009.jpeg
街のタウンホールで開かれる、テディベア専門のフェアです。

e0338157_23004944.jpeg
アンティークテディベアやアーティストテディベア、テディベア用の椅子や、手作りテディベアの材料まで、テディベア関連のものならなんでも揃います。

e0338157_23011727.jpeg
こんな会場が3フロアに渡って広がっています。テディベア愛好家の方々の熱気もすごい!
右を見ても左を見ても下を見てもクマ、クマ、クマ...クマだらけの中で私もいくつかお気に入りクマを見つけ、買付けることができました。

宿へ帰り、最後のパッキング。
e0338157_23044582.jpeg
すっかり常宿、だんだん愛着が湧いてきたHammersmith の街とも明日でお別れです。

夜は、ロンドンで1940年代に建てられたという古い家を買い、長年に渡ってDIYにより大規模改修中の友人カップル宅へお呼ばれ。まずは、二人の工夫とこだわりが詰まった家の中を案内してもらいます。ドアの取り付けからキッチンの台、バスルームの床や壁、さらには階段!!まで、全てが手作りとは思えない完成度でびっくり。
それから友人が手をかけて育ててきた植物と芝生が美しい庭で、美味しい手料理をいただきました。途中経過の写真を見ながら、家作りにかける二人の苦労話を聞き、とても興味深く、楽しかったです。

11日目の収穫物から。
e0338157_23014710.jpeg
小さくても丁寧な仕事が光るDEAN’Sのベアパペット。

[PR]
# by c-h-o-c | 2018-09-09 22:58 | UK2018 買付旅

英国らしさ満喫の一日(イギリス買付旅2018 10日目)

10日目。友人一家と一緒に、Clivedenへ。
e0338157_22444302.jpeg

e0338157_22450308.jpeg

e0338157_06104969.jpeg
ナショナルトラストが管理する広大な敷地内で、美しい自然や歴史ある建造物を見ることができます。
e0338157_06111655.jpeg
まずは植木で作られた巨大迷路に挑戦。巨大迷路...小学生以来かも。あっという間に道を見つけていく友人息子くんに助けてもらいながら、方向音痴な私もなんとかクリア。

e0338157_22503418.jpeg
美しい庭もたくさんあります。
e0338157_22322819.jpeg
可愛いトピアリー。

友人息子くんの学校の宿題「鳥の羽を集める」をお手伝いしながら、気持ちの良い自然の中を歩きます。
鳥の羽ってそんなに簡単に見付かるのか心配でしたが・・・意外にいっぱい落ちています。
見付ける度に「小さすぎる」「汚れてる』などと友人息子くんのダメ出しを受けながら、良い羽?を探します。
宿題には十分な量の美しい羽を、一緒に集めることができました。
e0338157_22463373.jpeg
途中でヴィクトリアンの扮装をした一団に遭遇。
e0338157_22350704.jpeg
こちらのCliveden House Hotelは、メーガン マークルさんがハリー王子との結婚式前夜に、泊まったホテルだそう。
e0338157_22333332.jpeg
模様になるよう美しく刈り込まれた芝生。この後、重そうな大きな芝刈り機を自由自在に扱い、チェッカー模様に芝を刈り混んでいる女性庭師に遭遇。格好いい!
e0338157_22360429.jpeg
敷地内のレストランで、アフタヌーンティータイム。フルーツスコーン+ストロベリージャム+クロテッドクリームに紅茶がついた、シンプルなクレームティーをいただきました。屋外で自然の中でいただくクレームティー、スコーンも自家製とのことで、とても美味しかったです。

それから、近くのアンティークショップへ寄り道。
e0338157_22381565.jpeg
地元で人気の店らしく、高い天井の広々とした店内に、家具やインテリア雑貨がいっぱい。その一つ一つのディスプレイが、まるでインテリア雑誌から抜け出してきたようなお洒落さでした。
私の欲しかった子供用の木製アルファベットブロックは、残念ながら”Not for sale”。

e0338157_22371116.jpeg
その後訪れたのは地元のちいさなBrewery。
e0338157_22364694.jpeg
Breweryならではの試飲コーナーは、いくつかの銘柄から好きなものを選んで飲めるのですが、渡されたのは普通の1パイントマグ!しかも一人2杯までフリーとのことで、当然週末の試飲コーナーにはたくさんの人が。それぞれ家族や親しい友達と木樽のテーブルを囲んでビールを飲む様子は、さながらパブのような賑やかさでした。

友人一家の案内のおかげで、目でも舌でも英国らしさを楽しめた、素敵な1日になりました。

[PR]
# by c-h-o-c | 2018-09-08 22:26 | UK2018 買付旅

ビッグベンの珍しい姿(イギリス買付旅2018 9日目)

9日目。朝から発送作業の追い込み。今回も無事レセプションに発送荷物をお預けできたので、部屋に戻ってスーツケースのパッキング。そうこうしているうちに、あっという間にお昼をまわり、荷物を追跡したところ、ピックアップされたとのこと。レセプションで無事ピックアップを確認し、ほっと一安心。
e0338157_05563497.jpeg
任務完了、ご褒美Nando’s! 自分でも呆れるほど毎回必ず食べにきています。相変わらずピリピリソースにパリパリチキンが美味しいし、こちらにいたあの頃、友人たちと通った懐かしい味でもあります。だから食べたくなるのかも。

夕方、友人一家に会いに、ロンドン北部の友人宅へ。途中、まだ今回見てなかったなぁと思い出し、Westminster駅で下車。
e0338157_05573321.jpeg
ロンドンのシンボル・ビッグベンは今こんな状態。去年も一部工事中でしたが、今年はほぼ覆われて、文字盤しか見えない姿に。早く全貌が見たいなぁ。
e0338157_05574714.jpeg
ビッグベンが見られなくても...今日も周辺はたくさんの観光客でごった返していました。

友人宅に到着。友人息子くんもぐんぐん成長。そのうち私の相手なんかしてくれなくなるのかなぁという私の不安をよそに、一年ぶりの今日も元気いっぱいのお出迎えです。最近リフォームしたとい素敵なリビングから、現在息子くんがお父さんと建設中のツリーハウスを眺めながら、美味しい手料理をご馳走になりました。

[PR]
# by c-h-o-c | 2018-09-07 05:53 | UK2018 買付旅