人気ブログランキング |


レトロな港町の雰囲気が残る神戸・海岸通の雑貨店 c-h-o-c(チョック)店主ブログです。 お店のこと、日々のこと、お気に入りをご紹介。 ロンドンお散歩案内や買付日記も。


by c-h-o-c

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

About c-h-o-c

〒650-0024
神戸市中央区海岸通4-3-17 清和ビル19
tel. 078-779-4619
open : 13:00 - 20:00
close : Tuesday
http://www.c-h-o-c.com

検索

カテゴリ

全体
UK買付旅 2019
UK 2017 買付旅
LONDON(markets)
LONDON(shops)
LONDON(museums)
LONDON(books)
LONDON(others)
LONDON(cafe&foods)
UK 2011 買付旅
DIARY
KOBE
TRAVELS(UK)
MUSIC(kids vocal)
TRAVELS(OTHERS)
EVENTS
Love London 2012 Quiz!
MEDIA
TRAVEL TIPS
UK 2012 買付旅
UK 2013 買付旅
UK2018 買付旅
未分類

その他のジャンル

最新の記事

イギリス買付旅 お土産プレゼ..
at 2019-09-06 22:37
最後の朝食は (イギリス買付..
at 2019-09-05 22:41
新旧ロンドンの知らない顔(イ..
at 2019-09-04 23:58
最後のアンティークフェアとお..
at 2019-09-03 21:37
引きこもり梱包デー。(イギリ..
at 2019-09-02 22:26

画像一覧

カテゴリ:UK買付旅 2019( 16 )

イギリス買付旅 お土産プレゼント2019

9/6 金曜日。

帰りもシンガポール経由の長旅の末、無事帰国いたしました。


帰ってきてから数日、ロンドン入りした時とは比べ物にならないひどい時差ボケに襲われ、日中ボンヤリしていましたが、ようやく通常通りのリズムに戻ってきました。

ちなみにこの西回りより東回りの方が時差ボケがきついという現象、東回りだと一日の時間が短くなるため、より体内時計の調節がしにくいという当然の現象なんだとか。なるほどー。


さて、無事時差ボケも解消したところで、毎年恒例・買付後のお楽しみ、お土産プレゼントのお知らせです!


e0338157_16403252.jpeg

V&A(ヴィクトリア&アルバートミュージアム)のクッキー缶、紅茶、カードをセットにして抽選で2名様にプレゼントいたします。(柄・種類の組み合わせについてはお任せください)


info@c-h-o-c.com 宛に、

件名: イギリス買付旅2019お土産プレゼント

本文:お名前、ご住所、お電話番号、メールアドレス

をご記入の上、ご応募ください。


締切は9/16(月・祝)です。チョックの各SNSや店頭でも受付けますので、お気軽にご応募くださいね。


c-h-o-c
〒650-0024神戸市中央区海岸通4-3-17
清和ビル19
tel. 078-779-4619
open : 13:00 - 20:00
close : Tuesday


by c-h-o-c | 2019-09-06 22:37 | UK買付旅 2019

最後の朝食は (イギリス買付旅2019)

9/5 木曜日。


e0338157_00443534.jpeg

今回もたくさんお世話になったレセプションにお礼を言い、朝からヒースロー空港へ。


e0338157_00453480.jpeg
最後の晩餐ならぬ最後の朝ごはんは、フルではないですが、イングリッシュブレックファースト風。トマトの焼きが足りない感じとマッシュルームが省かれていたのがやや残念ではありましたが、ベーコンとかソーセージとか、イギリスの肉加工品は、味がしっかりしていて美味しいなと思います。


お土産など買っているうちに、あっという間に搭乗の時間。


今年のイギリス買付、季節は夏とはいえ、出かける時に傘もレインコートも一度も使わずに済んだ奇跡的な晴れ続き。

その分、連日朝から積極的に動くことができ、充実した2週間になりました。


いつも温かく迎えてくれる友人たちを始め、ディーラーさんや街で出会ったたくさんの皆さんの親切のおかげで、今年も無事買付を終えることができ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

また、拙いSNSやブログをご覧くださる方々のおかげで、更新作業も楽しく続けることができました。

本当にどうもありがとうございました!


Brixitに揺れるイギリスの雰囲気も感じた今回の訪英ではありますが、来年も変わらぬ&新しいイギリスの魅力に触れられることを楽しみに。


by c-h-o-c | 2019-09-05 22:41 | UK買付旅 2019

新旧ロンドンの知らない顔(イギリス買付旅2019)

9/4 水曜日。

予備日にとっておいた一日は、荷物の発送作業が完了したため、フリーに。


どう過ごそうかな~と考えていて、なんとなく検索していたら見つけたのが、しばらく行けていないV&A Museum of Childhood に、ヴィンテージドールハウスを150個も使ったインスタレーション作品が寄贈されたという情報。(展示が始まったのは2年前だそう)


これは見たい!と行き先を決め、地下鉄にてBethnal Green 駅へ。駅から歩いてすぐ、可愛い旗が見えてきました。


e0338157_23595169.jpeg


e0338157_00085204.jpeg

このミュージアムはその名の通り、V&A(ヴィクトリア&アルバートミュージアム)のコレクションから、子供に関する物を集めた場所。

子供に関する物と一口に言っても、おもちゃを始め、ベビーベッドや食器などの子供用品、子供服など、コレクションは多岐に渡ります。


e0338157_00091284.jpeg

プー、パディントン、ルパート、スーティ、チョックでもお馴染みのクマたちがみんなでピクニック?

右端はYogi Bearです。


e0338157_00093258.jpeg

メリーゴーランドのおもちゃ。素敵すぎます。


e0338157_00095131.jpeg

1900年代のドールハウス。


e0338157_00101937.jpeg


e0338157_00104151.jpeg


e0338157_00110040.jpeg


e0338157_00114608.jpeg


e0338157_00125725.jpeg


細部にわたるまで作り込みが素晴らしく、一部屋一部屋見ているだけで一日過ごせそうな充実度です。


e0338157_00141732.jpeg

こちらは2014年に作られた Cubic Houseという物。

コーヒーテーブルの下がドールハウスの部屋に!

へーと思いながら見ていたら、同じくへーと見ていた女性に「これ、私好きだわ。私建築を勉強してるんだけど、これなら大人がコーヒーを飲みながら子供達がその周りで遊べるじゃない。良いアイディアねー」と話しかけられました。

確かにナイスアイディア。


e0338157_00143905.jpeg


e0338157_00145239.jpeg

こちらは、1700年頃に作られた、スペリングキャビネットという物。

このようなアルファベットの札を並べ、教師が子どもたちにスペルを教えるために使われていたようです。


e0338157_00153452.jpeg

1930年代の男の子の服。オシャレ!


e0338157_00162819.jpeg

1870年代のZoetrope くるくる回すと動いて見えるしくみ。


e0338157_00170027.jpeg

農場ミニチュアセット。箱も素敵。


e0338157_00171723.jpeg

Place(villedge) というRachel Whitereadの作品。彼女が20年以上の歳月をかけて集めたヴィンテージ ドールハウスを150軒程も使ったインスタレーション作品です。家のスタイルは様々。あえて中の家具や小物は排除し、灯だけをともした雰囲気が、ある意味ゴーストタウンのような不気味さもあります。


e0338157_03532960.jpeg

可愛らしいミュージアムショップを覗くのも楽しいひととき。


大満足で博物館を後にし、行ってみたかったお店へ行ってみることに。


e0338157_00173355.jpeg

BISCUITEERSというアイシングクッキー屋さん。

店構えからこの可愛さ!


e0338157_00220033.jpeg

迷いながら選んだのは、こちらの女王様ジンジャークッキー。

他にもギフトにぴったりな可愛くてアイディア溢れるアイシングクッキーがたくさんありました。

奥ではアイシングクッキー教室も行われているようで、楽しそうな声が聞こえてきていました。


このお店の可愛いショッピングバッグも、少しだけですが買い付けてきました。


一旦ホステルに戻り、明日の朝にはすぐ空港へ行けるように、パッキング。うまく規定重量以内に収まり一安心。


夜は、友人に連れられシティにあるスカイガーデンという場所に行ってみることに。

ディナーとなるとちょっと敷居が高そうですが、お酒をちょっと一杯楽しむ程度なら気軽に行けるとのことで、まずは軽く腹ごしらえ。


友人のお気に入り、JOE&THE JUICEのシティにある店舗へ。

このジュース屋さん、3年連続で訪れていますが、私もすっかりお気に入りに。


e0338157_00224476.jpeg

美味しいミックスジュースはもちろん、今回初めてサンドイッチ(パンはパニーニ)を食べましたが、スパイシーツナサンドイッチ、とても美味しかったです。


さていよいよ目的地・スカイガーデンへ。

e0338157_00230126.jpeg

こちらのビルの35階がバー&レストランになっています。

ちょっと緊張しつつ、空港のようなセキュリティを通りやってきました。


e0338157_00232298.jpeg

360度全てガラス張り!ロンドンが一望できる素晴らしい眺めです。


e0338157_00260505.jpeg

セントポールの向こうに沈む夕日。


e0338157_00262466.jpeg

生バンドの演奏も聞けます。

途中でシティで働く友人のフラットメイトも合流。

みんなでカクテルで乾杯!


e0338157_00295189.jpeg

だんだん暮れ行くロンドン。


e0338157_00265573.jpeg


e0338157_00300772.jpeg

夜景もとても素敵でした。


その後、友人のフラットメイトに「シティの街中をあまりじっくり見たことがない」というと、「じゃあ案内してあげる!」ということになり、急遽夜のシティを探検することに。


シティ・オブ・ロンドン とは、ロンドンの中心部に位置し、スクエア・マイルとも呼ばれる狭い地域ですが、ロンドンの起源であり、現在ではイギリスの主要な金融センターとして、世界の経済を先導するビジネスの中心地です。


e0338157_00312417.jpeg

レドンホール・マーケットはもともと14世紀に食肉市場として始まったそう。

現在はレストランや高級ブティックが軒を連ねていますが、ヴィクトリア朝の壁や天蓋が素敵。

ハリーポッターのロケも行われたそうですよ。


e0338157_00314048.jpeg

ロイズ保険ビルの入り口。

この街で実際にブローカーとして働く彼女に、業界のしくみを説明してもらいましたがうーん難しい。

なんにせよ、すごい額のお金がこの狭いエリアで動いているのかと思うと不思議です


e0338157_00320984.jpeg

30セント・メリー・アクス、通称ガーキン(ピクルスのきゅうりの意味。確かにそんな形)の前には小さな古い教会。

まさに新旧ロンドン、と言った感じ。


e0338157_00322458.jpeg

こちらは昔の銀行を改装したパブ。

アンティークな内装が凄く素敵。


e0338157_00324101.jpeg


e0338157_04023310.jpeg

こちらは、元々ロンドン初のコーヒーショップだったそう。


ロンドン最後の夜に、初めて見るロンドンの顔。

買付でマーケットめぐりばかりしていると、いつも同じ行動範囲になりがちですが、たまには探検してみないとなぁ。

もっと深くロンドンについて知りたくなった一日でした。


by c-h-o-c | 2019-09-04 23:58 | UK買付旅 2019

最後のアンティークフェアとお疲れ様の一杯 (イギリス買付旅2019)

9/3 火曜日。

今日は電車に乗って、イギリス南部で開かれるアンティークフェアにやって来ました。

e0338157_04383482.jpeg

広い農場を使った会場。


e0338157_04393743.jpeg

屋内にも屋外にもたくさんストールが並んでいます。


まずは屋内から。

細々したものを見ていきます。

イギリスの子供番組・THE SOOTY SHOWの登場キャラクター・Sweepの食器セットを見つけた直後に別のストールで主人公のSootyの食器セットも発見。

運命ですね、これは。もちろん両方お持ち帰りしました。


他にもドールハウスの家具やテディベアなど発見し、外に出て一休み。


e0338157_04395847.jpeg

お昼はベーコンロールを食べたかったのですが、なんとベーコンは売り切れ、ソーセージロールをオーダー。

オニオンがいるかを聞かれ、いると答えたらたっぷりいれてくれました。

オニオン入りソーセージロール、初めて食べましたが、オニオンの甘みがブラウンソースに良くあって美味しかったです。


その後、屋外エリアや屋根だけついた半屋外エリアも見て回り、珍しい物も色々発見。


e0338157_04410339.jpeg

色んなフォントが大集合。


屋外エリアで、小さな兄妹が小さな陶器のフィギュアを物色しているところに遭遇。お兄ちゃんが、「3ポンドしか持ってないんだ」と言うと、「私は2ポンド持ってるから、合わせれば5ポンドだよ!」とすかさず言う妹。可愛らしい兄妹の姿に、ディーラーさんも苦笑い、まけてあげている様子。嬉しそうにお気に入りの品をゲットし、別の場所で待っていたお母さんに、見せに行っていました。


それから、たまたまスケジュールが合った日本の業者さんのコンテナに、今日の買付分を積んで貰えることになり会場で梱包作業。

昨日作業した航空便と違って、船便のコンテナは、一度詰めたら箱単体で動くことはないので、軽い梱包でOKとのこと。

本当に楽で有難い!!


その後、近くのパブでお疲れ様のビール。


e0338157_04430076.jpeg

暖炉付きの雰囲気あるパブ。

仕事の後の一杯はとても美味しかったです。


昨日準備した航空便の荷物の発送も無事終わり、予備日にとっていた明日はフリーで動けることに。

今年の買付旅、最後のロンドンでの一日。

どう過ごそうかな〜楽しみです。


by c-h-o-c | 2019-09-03 21:37 | UK買付旅 2019

引きこもり梱包デー。(イギリス買付旅2019)

9/2 月曜日。

今日は引きこもり梱包デー。

こうならないように、毎日買い付けたものを都度梱包、を目指してはみるのですが、重い荷物を抱えて買付から戻ると、即寝してしまうことも多く...やっぱり一日梱包日は必要に。

毎回反省ですね...


でも、今回睡眠時間だけはしっかりすぎるほどとっていたからか、後半に入っても元気いっぱい、体調はすこぶる良好です。笑


まずは完全なる割れ物、陶磁器類、グラスから梱包スタート。

今回は、いつもより時間がかかっても良いから丁寧に梱包しよう、と心がけて慎重に作業を進めます。

日本から持ち込んだ薄手のミラー紙や、バブルラップ、後は毎日地下鉄駅で手に入るフリーペーパー(と言っても普通の新聞並みのボリューム) “METRO も駆使しつつ、梱包。

その後、バスケットや小さな小物類も梱包。

小さな小物類、ミニチュアの小さな皿やカップ&ソーサー、家具など本当に手のひらから指先ほどの物が多く、あまりにも細かくてかなり苦戦。


いつもより時間がかかっても良いから...と思っていたら本当にめちゃくちゃ時間がかかってしまい、全く外にも出られないまま、気付けば日がくれていました...

その分、きっと破損は免れるはず!と信じて。


e0338157_17274579.jpeg

作業完了のご褒美は、TUNNOCK‘sのティーケーキ。

チョココーティングの中にはたっぷりのマシュマロクリームとビスケット。

素朴な懐かしい味。


by c-h-o-c | 2019-09-02 22:26 | UK買付旅 2019

歩き疲れた後には甘いワッフル(イギリス買付旅2019)

9/1 日曜日。


e0338157_16414251.jpeg

歴史ある建物内で行われるアンティークフェアへ。

業者向けのアーリーエントリーで入るため、早起きをしてやってきました。


e0338157_16422451.jpeg

内部はこんな感じ。

一つのホールのみが会場ですが、ぎっしりストールが並んでいるため、見応えがあります。


e0338157_16424569.jpeg

反対側はこんな感じ。

時計ばかりのストールと、時計の文字盤みたいなステンドグラス。


気になる物は、即決する物と、候補に一旦置いておく物と仕分けながら見ていきます。

探していた琺瑯の可愛いミニチュア食器は即決!

他にも探していた物、初めて見る物、色々見つけてきました。


買付が終わって気がついたら、とうにお昼はまわりすっかり午後。

朝ごはんにサンドイッチをちょっとつまんだ以外は全く休むことなく、会場内を5時間以上も歩き続けていたようです。


流石にこのまま帰るにはしんどくて、建物内の可愛いワッフル屋さんへ。


e0338157_16441191.jpeg

疲れた時にはやっぱり甘いもの!

トフィソースをたっぷりかけてもらいました。

ワッフル屋さんのお姉さんも笑顔が素敵で可愛くて、なんだか癒されたところで帰路へ。


今日の収穫分も荷物は増え、なかなか片付きませんが、明日は発送荷物の荷造りを終えなければならない日。

一番苦手で一番気の抜けない仕事でもありますが、なんとかやりきらなくてはー。


by c-h-o-c | 2019-09-01 20:40 | UK買付旅 2019

ランチはみんなでフィッシュ&チップス(イギリス買付旅2019)

8/31 土曜日。

友人一家とルイスにやってきました。


e0338157_00420326.jpeg

ルイスは、古い町並みが残る美しい街です。


e0338157_00425619.jpeg

今日はルイス城の中まで案内してもらい、塔の上まで探検。

朝から元気いっぱいの娘ちゃんは、長い螺旋階段と所々に現れる小さな部屋に大はしゃぎ。窓辺の狭い空間に入り込んでは、おいでおいでと手招きします。


e0338157_00432793.jpeg

これだけの花をこんな場所に植えるなんて大変よね〜と友人が言う通り、城のあちこちに美しい花が。


e0338157_00442358.jpeg

城から見渡す風景も素敵。


その後、街中のアンティークショップに立ち寄り、掘り出し物も発見。

友人たちが何かと私の仕事のことを気にかけてくれるのが、本当にありがたいです。


その後ブライトンへ戻り、海岸へ。


e0338157_00445025.jpeg

今日も休日を楽しむたくさんの人で賑わっています。


海岸で、ロンドンからやってきた共通の友人とも合流。

久しぶりの再会を喜びつつ、みんなで近くのパブへ。


海を見てから「何が食べたい?」と聞かれると、ついついフィッシュ&チップスと答えてしまいますが、やはり海沿いでたべるフィッシュ&チップス(&ビール)は最高!


e0338157_00453024.jpeg

衣はサクサク、中はふわふわ、自家製のタルタルソースやマッシュピーも美味しかったです。


それからこれまたブライトンの定番?アイスクリームを食べ、街中をぶらぶら。

迷って選んだピーナッツバター味のアイスクリーム。アタリ!の美味しさでした。


さて、楽しい時間はあっという間。

今回もお世話になった友人一家に感謝を伝え、駅へ向かいます。


帰りは合流した友人と連れ立って、ロンドンまでの電車旅。

一人車窓を眺めてぼんやりの電車旅も良いですが、二人でお喋りしながらの電車旅も楽しかったです。


旅のラストスパートに向けてエネルギーチャージは完了。

明日は早起きしてアンティークフェアです。


by c-h-o-c | 2019-08-31 23:39 | UK買付旅 2019

カモメが飛び交う街へ(イギリス買付旅2019)

8/30 金曜日。


e0338157_06502538.jpeg

今日は買付&友人一家に会いに、頭上にも足元にもカモメが飛び交う街・ブライトンへやって来ました。


e0338157_07064715.jpeg

ブライトンの街にもバンティング。カラフルアートな旗が連なっていました。


e0338157_07095696.jpeg


e0338157_07092291.jpeg


e0338157_07103940.jpeg


面白い看板も色々。

ピンクのとげとげカタツムリはボディピアシングの店の看板。


e0338157_07075861.jpeg

街中のレンタルサイクルも、ロンドンの赤とは違う海の色。


友人との待ち合わせ前に、目当てのヴィンテージショップで買付。かなりの時間をかけて隅々まで探索。テディベアなど探していた物も仕入れることができました。


その後、友人一家と合流。久しぶりに会った可愛い娘ちゃんは2歳半になり、元気いっぱい、たくさんお喋りするようになっていてビックリ!

一緒に追いかけっこをしたり、絵本を読んだり、おままごとをしたり...可愛いすぎてメロメロです。


娘ちゃんが寝付いた後は、庭で綺麗な夕陽を見ながら大人だけでゆっくりお喋り。

いつもあたたかく迎えてくれる友人たちに、ただただ感謝です。


by c-h-o-c | 2019-08-30 21:49 | UK買付旅 2019

ミニチュア探索と古書市(イギリス買付旅2019)

8/29 木曜日。

朝から屋内のマーケットへ。

昨日に引き続き、爽やかな良い天気です。


e0338157_19280702.jpeg

到着すると、まだ準備中のストールもあり。様子を見ながらまずは一周してみます。


毎年お世話になるミニチュア等を扱うディーラーさんは、顔を見てすぐ気付いてくれた模様。

「一年振りですね!」と声を掛けると、「えっ!あれから一年も経った!?」と驚きの表情。

「数ヶ月前くらいかと...もう一年だなんて...」と最後まで言い続けていました。

今回もブースの中に入れてもらい、まだテーブルに出されずに、箱や袋に入ったままのミニチュア家具や小物たちを物色。

楽しい時間です。

併せて可愛い絵本なども入手することができました。


e0338157_19284273.jpeg

昨年の大改修により、木枠で各ストールが区切られ、食べ物の出店が増えた代わりにアンティークの出店は減少。


e0338157_19290088.jpeg

それでも、木枠を生かして、部屋のような雰囲気を作り上げているストールもあり、見応えがあります。


さらに、いつもお馴染みのストールで食器類を、ボタンのブースでも形ボタンなどをいくつか買付け、このマーケットでの買付は終了。


ただ、先程少し絵本を仕入れたことにより、今回絵本の買付があまりできていないことを認識。

さて、どうするか...。まずは今回まだ行けていない古本屋へ行ってみることに。


いつも割と豊作な古本屋へ行ってみたのですが、思ったより収穫はなし。

さていよいよどうするか...で思い出したのが今日が木曜日だということ。


e0338157_19293716.jpeg

見覚えのある町並み...そう、昨日アンティークマーケットに訪れた場所ですが、同じ場所が木曜日は古書市になるのです。


小さな規模ですが、思ったより収穫あり!

良かった〜来たかいがありました。


なんとなく今日のノルマは達成した気分で、宿へ戻ります。


部屋を見渡し、今まで買い付けた物たちが、果たして何箱に収まるか...見積り。

まだ梱包が終わっていないので微妙ですが、手持ちの箱数では足りなくなる可能性大。

再び、梱包資材を追加に出かけることに。


明日から遠出なので、少しでも梱包作業を進めておきたかったのですが、あちこち動き回った疲れでいつのまにかバタンキュー。


これは、週末に集中して頑張らないといけないことになりそうです...


by c-h-o-c | 2019-08-29 20:27 | UK買付旅 2019

爽やかな天気にホットチョコレート(イギリス買付旅2019)

8/28 水曜日。

朝から雨。結構ザーッと降っていたので、うーむと思いながら、外出の支度です。ここまで晴れ続きだったのですが、ついに来たかーと雨の中の買付を覚悟。しかし呆気なく雨は止み、良い具合に気温も下がって爽やかな天気に。


e0338157_23243630.jpeg

石畳の路地が良い雰囲気のマーケットへ。

周りには素敵なお店やカフェが並んでいます。


e0338157_23250233.jpeg

ところどころに現れるアンティークストールは、残念ながら年々数が減っている印象。それでも、アクセサリーを中心に、ちょこちょこと買付。


e0338157_23252401.jpeg

青い空にマッチするブルー系のバンティング。こういった風景は、特に何かイベントがあるわけではなくても、街中でよく見かけます。


途中お気に入りの雑貨屋さんやチョコレートショップにも寄り道。


e0338157_23254889.jpeg

季節的にはアイスクリームかなぁと迷いましたが、やっぱりホットチョコレートに。選べるスパイスの中に、シーソルトというのが新たに加わっていたので、試しに追加。うん、シーソルト入りのチョコレートそのままの感じでとても美味しい。


e0338157_23261344.jpeg

公園のベンチに寄りかかって、幸せの味を堪能。本当に今日は暑くもなく、寒くもなくでちょうど良いお天気です。


その後、近くのヴィンテージショップへ。ここでは食器類を中心に買い付けていきます。思いがけず、むかーしイギリスの田舎町で買い付けてお気に入りだった缶とも再会。なんだか運命を感じ、お持ち帰り。


e0338157_23264038.jpeg

重たい荷物を連れて宿まで戻る途中、駅のPRET で遅い昼ごはん。この旅3度目のPRET...どこにでもあるし、何を選んでも美味しいのでついつい寄ってしまいます。たぶん旅の間、私の体の三分の一くらいはPRETでできている...。今日選んだサーモンサンドイッチとグリーンピースのスープも、やっぱり美味しかったです。


その後、大事な梱包資材のリサーチ。今回、より強度のあるものを使いたいなと調べていたのですが、宿の近くに国際輸送を扱う窓口があり、そこで梱包資材も手に入るという情報を入手。宿から歩いて行ってみることに。

見せてもらうと、確かにかなり丈夫そう。日本まで送るのなら十分な強度ですよ、というお店の人の言葉を信じ、購入。他にも壊れ物表示テープや、足りなくなりそうなバブルラップも入手し、今回初めて日本から持ち込むことにした折り畳み台車に載せて、宿へ戻ります。今まで自分の限界に挑戦しながら重い資材を持ち帰っていたのが、嘘みたいに楽...


さぁ、旅も中盤。憂鬱な梱包作業も進めていかなければ....


by c-h-o-c | 2019-08-28 23:23 | UK買付旅 2019